最新記事

夜間銃猟安全管理講習を受けてきました

現在夜間銃猟事業の受託への準備を進めております。 日本国においては明治時代より夜間の猟銃による発砲を例外無く禁止してきました。 人間の目は暗闇に対応できず、殺傷能力のある猟銃を使うことは危険と判断しているからです。 夜間銃猟には都道府県の事業化や事業管理者としての資格併せて、捕獲従事者の射撃技能資格が必要となります。この資格を持つ者は現時点全国で100名も居らず、認定鳥獣捕獲等事業者に属する従事者のみしか取得が出来ません。 現在テスト的に北海道や和歌山県にて害獣の銃猟による駆除が実験的に進んでいます。 捕獲圧が強まるほど野生動物は警戒心を高め、発砲可能時間に人前へ出て来なくなります。 この苦肉の策が夜間銃猟というわけです。 夜間銃猟を事業化しようとお考えの都道府県ご担当者様は是非お問い合わせ下さい。

アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square

 © 2023 TSJ Co.,LTD, / Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now